埼玉の交通事故後遺障害・異議申立てなら石澤法務事務所

phone お電話でのご相談は無料です 050-5823-9993

トップページ > 交通事故の疑問 > 自賠責保険

石澤法務事務所

行政書士 石澤拓也

行政書士石澤 拓也
日本行政書士会連合会
登録番号:第12101578号

昭和55年4月14日生まれ
好きなもの:ランニング、森林浴
生まれ:北海道の酪農家
出身校:立命館大学法学部卒

お急ぎの無料メール相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話をご利用ください。
050-5823-9993 
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談予約受付中!

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

交通事故の疑問

自賠責保険

2013年09月30日

どっちがお得?事前認定と被害者請求

後遺障害等級の認定申請は、2通りの方法があります。 一つ目が「事前認定」と言い、加害者側の任意保険会社に任せて申請を行う方法です。 そして、もう一方が「被害者請求」と言い、被害者が自賠責保険会社に

どっちがお得?事前認定と被害者請求の続きを読む

2013年09月30日

後遺障害の等級表

等級 介護を要する後遺障害 保険金額 労働能力喪失率 慰謝料 第1級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの。 胸腹部臓器の機能に

後遺障害の等級表の続きを読む

2013年09月30日

労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

労働能力喪失期間 ライプニッツ係数 労働能力喪失期間 ライプニッツ係数 1年 0.9524 35年 16.3742 2年 1.8594 36年 16.

労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数の続きを読む

2013年09月30日

逸失利益の計算方法

「逸失利益」は、ある計算式に乗っ取って算出されます。その計算方法が、 「基礎収入」×「労働能力喪失率」×「喪失期間に対応する係数」になります。 「基礎収入」とは、原則、事故前の収入にあたりま

逸失利益の計算方法の続きを読む

2013年09月30日

後遺症が残ったときに認められる賠償とは?

後遺症の損害は大きく分けて、「後遺症慰謝料」と「逸失利益」があります。 「後遺症慰謝料」とは、通常いうところの慰謝料にあたり、後遺症が残ってしまったことでの精神的損害を言います。 これに対し「逸失

後遺症が残ったときに認められる賠償とは?の続きを読む