トップページ > 交通事故の疑問 > 自賠責保険 > 後遺症が残ったときに認められる賠償とは?

石澤法務事務所

行政書士 石澤拓也

行政書士石澤 拓也
日本行政書士会連合会
登録番号:第12101578号

昭和55年4月14日生まれ
好きなもの:ランニング、森林浴
生まれ:北海道の酪農家
出身校:立命館大学法学部卒

お急ぎの無料メール相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話をご利用ください。
050-5823-9993 
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談予約受付中!

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

交通事故の疑問

後遺症が残ったときに認められる賠償とは?

後遺症の損害は大きく分けて、「後遺症慰謝料」と「逸失利益」があります。
「後遺症慰謝料」とは、通常いうところの慰謝料にあたり、後遺症が残ってしまったことでの精神的損害を言います。
これに対し「逸失利益」とは、交通事故に合わなければ本来得られたであろう利益の喪失部分を賠償するもので、
具体的には、後遺症により労働能力が落ちてしまったことへの損害の賠償を意味します。

関連キーワード

その他の『自賠責保険』に関する交通事故の疑問