トップページ > 交通事故の疑問 > 交通事故賠償

石澤法務事務所

行政書士 石澤拓也

行政書士石澤 拓也
日本行政書士会連合会
登録番号:第12101578号

昭和55年4月14日生まれ
好きなもの:ランニング、森林浴
生まれ:北海道の酪農家
出身校:立命館大学法学部卒

お急ぎの無料メール相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話をご利用ください。
050-5823-9993 
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談予約受付中!

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

交通事故の疑問

交通事故賠償

2013年09月30日

行政書士と弁護士との違いについて

交通事故後の専門家の利用において、弁護士と行政書士の使いわけとしては、 金銭的な採算があうのであれば示談段階では交渉の代理権をもっている弁護士に依頼するの賢明です。 では行政書士はどのタイミングで

行政書士と弁護士との違いについての続きを読む

2013年09月30日

交通事故による損害を請求する方法について

交通事故の損害賠償を請求する方法はいくつかありますが、 後遺障害認定手続の専門事務所である弊所にて後遺症の手続きを済ませた被害者さまは、ほぼ下記の選択をされます。 ① 弁護士に示談交渉を依頼す

交通事故による損害を請求する方法についての続きを読む

2013年09月30日

裁判以外にも方法はある!紛争処理機関による和解あっせん

交通事故紛争処理センターは、被害者と加害者の間に立って和解のあっせんを行う第三者的機関です。 利用にはいくつか条件がありますがメリットも多く、費用も無料です。 賢く利用して納得のいく事故解決を行い

裁判以外にも方法はある!紛争処理機関による和解あっせんの続きを読む

2013年09月30日

示談がまとまらなかったらどうするの?

お互いの主張をぶつけ合う示談交渉は時として、まとまらないケースも存在します。 このようなケースには、最終的解決のためにいくつかの選択肢があります。 たとえば、裁判外紛争処理機関(ADR)の活用や民

示談がまとまらなかったらどうするの?の続きを読む

2013年09月30日

最終解決!示談交渉の注意点

加害者との最終的金銭的解決は、示談をもって終了します。 しかしながら、相手方の保険会社は、示談交渉のプロフェッショナルです。 情報や経験の差から、被害者が対等に話し合うのは難しいでしょう。 しか

最終解決!示談交渉の注意点の続きを読む