トップページ > 交通事故の疑問 > 人身事故の発生から解決までの流れ > 行政書士と弁護士との違いについて

石澤法務事務所

行政書士 石澤拓也

行政書士石澤 拓也
日本行政書士会連合会
登録番号:第12101578号

昭和55年4月14日生まれ
好きなもの:ランニング、森林浴
生まれ:北海道の酪農家
出身校:立命館大学法学部卒

お急ぎの無料メール相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話をご利用ください。
050-5823-9993 
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談予約受付中!

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

交通事故の疑問

行政書士と弁護士との違いについて

交通事故後の専門家の利用において、弁護士と行政書士の使いわけとしては、
金銭的な採算があうのであれば示談段階では交渉の代理権をもっている弁護士に依頼するの賢明です。
では行政書士はどのタイミングで利用するかと言いますと、事故後治療を行ったが、痛みや痺れを含め、事故後の後遺症が残った場合に
それが後遺障害として認定されるための手続きを行る際に利用するのが良いでしょう。

順番としては、後遺障害が残ったと思われる場合は、まず専門の行政書士に後遺障害の等級認定手続きを依頼し、
後遺障害が認定された後、採算があう場合に弁護士に依頼するのが懸命の専門家の利用方法と言えます。

当事務所はこの後遺障害認定に専門特化し、交通事故後遺障害の知識・経験・実績を多く積んでいる事務所になります。

関連キーワード

その他の『人身事故の発生から解決までの流れ』に関する交通事故の疑問