交通事故後遺障害・異議申立てなら石澤法務事務所

石澤法務事務所

050-5823-9993

トップページ > 交通事故の疑問 > 自賠責保険 > 保険会社から言われた「症状固定」は、大きな分岐点!?

石澤法務事務所

行政書士 石澤拓也

行政書士石澤 拓也
日本行政書士会連合会
登録番号:第12101578号

昭和55年4月14日生まれ
好きなもの:ランニング、森林浴
生まれ:北海道の酪農家
出身校:立命館大学法学部卒

お急ぎの無料メール相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話をご利用ください。
050-5823-9993 
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談予約受付中!

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

交通事故の疑問

保険会社から言われた「症状固定」は、大きな分岐点!?

治療を続けていると、あるタイミングで保険会社から「症状固定段階ですね」ということを言われることがあります。
この症状固定は、医学上、今後治療を継続しても、あまり回復が見込めない状態をいいます。
つまり、症状固定は治療期間の終期を意味します。
症状固定をすると、治療は終了という扱いで、その後の治療費や通院交通費、入通院慰謝料の請求が原則として不可能になります。
症状固定は医学的な判断ですので、最終的な判断するのは医師ということなります。

関連キーワード

その他の『自賠責保険』に関する交通事故の疑問

ご相談はこちらから

ご来所はもちろん、電話、メール、出張での相談も可能です。
交通事故や後遺障害認定についてご気軽にご相談下さい。【着手金なし・原則後払い】

出張相談について

埼玉県全域について、自宅まで出張致します。さいたま市をはじめ川口市、川越市、熊谷市、行田市、所沢市、秩父市等、埼玉県全域に出張相談が可能です。※土日祝日も可能な限り対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談の詳細はこちら

交通アクセス(埼玉エリア相談会議室)