トップページ > 交通事故の疑問 > 自賠責保険 > 聞きなれない、「後遺障害等級認定手続き」の正体

石澤法務事務所

行政書士 石澤拓也

行政書士石澤 拓也
日本行政書士会連合会
登録番号:第12101578号

昭和55年4月14日生まれ
好きなもの:ランニング、森林浴
生まれ:北海道の酪農家
出身校:立命館大学法学部卒

お急ぎの無料メール相談はこちら

お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの方は、お電話をご利用ください。
050-5823-9993 
※土・日・祝日 時間外はご相談に応じます

交通事故、土日・休日・夜間無料出張相談予約受付中!

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

交通事故の疑問

聞きなれない、「後遺障害等級認定手続き」の正体

交通事故における後遺障害は、自賠責保険の後遺障害等級認定手続きにより、
後遺障害等級何級といった形で認定されはじめて後遺症が残ったと扱いを受けられるのが一般的です。

この後遺障害等級は要介護1級から第14級まであり、その種類は約140に分類されています。
本人として後遺障害が残ったと感じていても、この手続きを経なければ、実質的に後遺障害が残った
ものとして扱われることは原則的にありません。

関連キーワード

その他の『自賠責保険』に関する交通事故の疑問